登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

鯛のチーズバター焼き 

080-940-200

鯛のチーズバター焼き 

音羽 元シェフからのメニュー提案

人前 1
難易度
合計 20

1皿分

  • 産地〆養殖真鯛 尾売 80g
  • 芽ねぎ 5g
  • わさび菜 5g
  • ゆり根  8g
  • <チーズバター>
  • 雪印バター食塩不使用 150g
  • グラナパターノパウダー 60g
  • メトロシェフ白生パン粉 8mm 15g
  • イタリアンパセリ 10g
  • ポッカレモン 100%  少々
  • メトロシェフ 食塩 少々
  • SBマルコポーロコショー 少々

SNS 映えなどの影響から、近年、チーズの需要が伸びています。一方で様々なチーズはあるけれどどのように使ったらよいか分からない?などの声をお聞きします。そこで、今回、音羽元シェフからチーズを使用したアレンジ可能なアイディアメニューをご紹介いただきました!

あらかじめ素材に合わせたバターチーズを仕込んで冷凍しておくだけで手早くコクのあるバターチーズ焼きをご提供できます。季節やメニューにより、様々なアレンジが可能です。イタリアンパセリの代わりにセルフィーユ、バジルもおすすめ。ゆかりを使えば和の料理にも。


080-01

1 ①鯛をそうじし3枚におろし小骨をとる。鯛をお好みの形にカットし、皮目を下、身を上にしてラップをし寝かせる。

080-02

2 ②無塩バターをフードプロセッサにかけ空気をふくませポマード状にし、グラナパダーノ、パン粉、レモン汁、塩、コショウ、イタリアンパセリを加えさらにフードプロセッサにかけ、合わせバターをつくる。

080-03

3 ③マッシ③をラップで包み形成し冷蔵庫へ。

080-04

4 ④寝かしておいた鯛にオリーブオイルを全体にかけ、皮目を下にしたまま鯛の形に密着するようにラップをかけ、スチームオーブンにいれる(70℃で5分)。密着するようにラップをかけるのは、鯛全体に火が通りやすくするため。

080-05

5 ⑤芽ねぎの根部分を熱湯でさっとゆでてから、フライパンにオリーブオイルで軽くいためる。

080-06

6 ⑥わさび菜を⑥で軽くいためる。

080-07

7 ⑦ゆりねを茹で、柔らかくなったら氷水にとる。

080-08

8 ⑧蒸した鯛に塩をふり(蒸した後に塩をふった方が鯛の水分が出にくい)、冷しておいた合わせバターをお好みの厚さにカットし⑨の鯛にのせる。

080-09

9 ⑨⑧をサラマンダーまたはバーナーで焦げ目をつける。

080-10

10 ⑩焼き目をつけた鯛を皿にもり、芽ねぎ、わさび菜、ゆりねを添え、⑪で出たバターソースをうえからかけて完成!