登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

魚介類のフリット スパイス風味

otowa061-940-200

魚介類のフリット スパイス風味

音羽 元シェフからのメニュー提案

準備 10
調理時間 10
合計 20

1皿分

  • 極洋 スルメイカリング IQF 40g
  • メトロシェフ バタフライシュリンプ 3Lサイズ 30g
  • メトロシェフ ボイルほたて貝 Mサイズ 30g
  • 日清フーズ 天ぷら粉揚げ上手 50g
  • チャイブ 1g
  • ローズマリー 5g
  • <レッドビーンズ ディップソース 8皿分>
  • CASTELLO レッドキドニービーンズ 240g
  • マコト ねりごまクリーム 白 45g
  • にんにく Lサイズ 10g
  • サンキスト 100%レモン 40g
  • Delicius アンチョビひまわりオイル漬 5g
  • ホレカセレクト  オリーブオイル エキストラバージン 20g
  • <フレッシュトマト ディップソース 4皿分>
  • トマト Mサイズ 1個(150g)
  • 国産新玉ねぎ 2Lサイズ 1/8個(25g)
  • DeNigris 赤ワインビネガー 20g
  • ホレカセレクト オリーブオイル エキストラバージン 40g
  • スパイス(Mixして5g)
  • S&B チリパウダー M缶 200g
  • S&B パプリカパウダー M缶 100g
  • S&B クミンパウダー M缶 20g
  • S&B ガーリックパウダー M缶 30g
  • 食塩 70g

夏にスパイスの効いた揚げものは間違いなしの人気メニュー。今回、音羽元シェフに、ついつい注文したくなる、見た目も食欲をそそる、スパイスを効かせた魚介類のフリットをご提案いただきました。肉系の揚げものよりもさっぱりしていて白ワインやクラフトビールとの相性も抜群。フレッシュトマトやレッドビーンズのアレンジディップソースを添えてオリジナリティを演出。ぜひお試しください!


調理工程

otowa-061-01

1 ①天ぷら粉、スパイス、水をボールに入れ衣を作る

otowa-061-02

2 ②解凍したほたて貝、バラフライシュリンプ、するめいかリングに天ぷら粉をまぶす

otowa-061-03

3 ③②を①にいれ衣をつけ、180℃の油であげる

otowa-061-04

4 ④フレッシュトマトのディップソースを作る
トマト1個、玉ねぎ1/8個をみじん切りしボールに入れ塩をふり、赤ワインビネガー、オリーブオイル(1:2の割合)を加え混ぜ合わせる

otowa-061-05

5 ⑤レッドビーンズ ディップソースを作る
レッドビーンズをフードプロセッサにかけ、白ごまペースト大さじ3、にんにくみじん切り小さじ1、レモン汁約40g、アンチョビ5g、オリーブオイル約20gを加え、さらにプードプロセッサで混ぜ合わせる

otowa-061-06

6 ⑤皿に紙を敷き、揚げたてのほたて貝、バタフライシュリンプ、するめいかリングを盛り付ける。ローズマリーとレモンを添え、仕上げにスパイスをふりかける。ココット皿に入れた、レッドビーンズディップソースと、チャイブをのせた、フレッシュトマトのディップソースを隣りに添えて完成!
今回はSNS映えを意識して、油吸収紙に英字新聞をご使用いただきました!