登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

ホタテ貝とパプリカのソテー

1皿分

  • メトロシェフ 冷凍ほたて貝柱 S 75g
  • メトロシェフ 3色パプリカミックス 80g
  • スペイン産紫にんにく 0.1
  • Steriltom クラッシュトマト  40ml
  • アロ スペイン産エキストラバージンオリーブオイル 50ml
  • ホレカセレクト モデナ産バルサミコ酢 10ml
  • 新玉ねぎ B 40g

ホタテ貝柱が最もおいしい旬となるのは5月から7月までですが、実際には4月からメニューに取り上げているレストランが多いです。その為、この時季にかけてホタテ貝柱を使った季節的な料理を提供したい皆様に音羽元(はじめ)シェフのご提案をご紹介いたします。南ヨーロッパを代表する食材のトマトやバルサミコ酢などを使った料理ですが、少しアレンジしたら和風っぽくできるレシピです。元(はじめ)シェフの斬新な目線からインスピレーションを与えられるのでは?因みに、ホタテ貝柱と辛口の白ワインの組み合わせは抜群!お客様に必ず一杯勧めていきましょう!

*調理時間は、流水解凍の場合20分、自然解凍の場合3時間


調理工程

otowa-054-01

1 ①パプリカ、新たまねぎを細切りに切る。

otowa-054-02

2 ②多めにオリーブオイルを引きニンニクを入れて温めながら香りづけ。

otowa-054-03

3 ③ ②に①を加え炒め、塩で味を調える。

otowa-054-04

4 ④フライパンに油を引き、よく熱してからホタテ貝柱を焼く。焦げ目がつくまで様子をみて裏返したりしない。

otowa-054-05

5 ⑤充分に焦げ目がついたら、ホタテを裏返し塩をふる。反対側もしっかりと焦げ目がつくまで焼く(ポイント!ホタテのうまみを外に流さないようにしっかり焼き固めうまみを凝縮させる)。

otowa-054-06

6 ⑥ ③にクラッシュトマト大さじ2を入れ塩をふり味を調える。

otowa-054-07

7 ⑦オリーブオイルに対し同量のバルサミコ酢を加えて混ぜる。

otowa-054-08

8 ⑧ ⑥を皿に敷き、⑤のホタテ貝柱をの、仕上げに⑦をかける。