登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

エスカベッシュ風バサフィーレ揚げ

2皿分

  • <バサフィーレ>
  • アロ 冷凍バサフィーレ IQF 155/200gサイズ 150g
  • 日清製粉 薄力小麦粉 フラワー 40g
  • <エスカベッシュ風ソース>
  • 青葱 20g
  • ほうれん草 60g
  • マイユ 白ワインビネガー 20ml
  • ファインフード エキストラバージンオリーブオイル 20ml
  • SB ケーパーホール 10g
  • ギャバン ブラックペッパー 2g
  • 産直ブラウンマッシュルーム 5g

バサ
何故バサをお勧めするかと言えば、①圧倒的に原価が安い②安いだけではなく、日本人のほとんどが好きな白身で質の良い脂があるから、ですが、
さて料理にしようと思うと、フライ?ソテー?このコーナーで以前に紹介したムニエルあたりしかないので、今回はおつまみにも使えるエスカベッシュのご紹介です。


調理工程

001

1 ①冷蔵庫で解凍したバサ。表面の水分をキッチンペーパーで取り、両面に軽く塩こしょうをして2cm幅で斜めにカットする。

002

2 ②①の両面に粉をまぶす。音羽シェフのお店では見ての通り、専用のタッパーで小麦粉を保管し、ハケを使用。

003

3 ③サラダ油を鍋で加熱し、160℃で1ケは1分半程度。出来れば2度揚げするとよりキレイによりカラッと仕上がります。

004

4 ④揚がったら、ザル等を利用し油切りをしながら余熱で中まで火入れする。

005

5 ⑤マッシュルームは石突を取り、スライサーを使って薄くスライスしておく。

006

6 ⑥ほうれん草は塩を入れたお湯でゆでて、すぐに冷水に取り色止めし、水分を切る。

007

7 ⑦⑥のほうれん草を5mm幅に刻み、小口切りした万能ねぎ、半分にカットしたケッパーとボウルに合わせる。

008

8 ⑧ソースはピュアオリーブオイルと白ワインビネガーを1:1で合わせよく混ぜる。

009

9 ⑨⑦のボウルに⑧を入れ、全体に良く混ぜ合わせる。塩こしょうで味を整える。

010

10 ⑩お皿にバサを並べ、マッシュルームスライスを散らし、最後に彩りよく⑨をかけて出来上がりです。