登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

サーモンのポワレ アンチョビ・ケッパーハーブのソース

4人前

  • <サーモンのポワレ>
  • プレリゴサーモンフィレ(養殖) 560g
  • 精製塩 12g
  • アロ スペイン産 オリーブオイル 10ml
  • <付け合せ・ソース>
  • パプリカ赤 バラ 4/3ケ
  • パプリカ黄 バラ 4/3ケ
  • パプリカ緑 バラ 4/3ケ
  • ホレカセレクト イタリアンパセリ 8g
  • ディル 8g
  • Delicius アンチョビフィレ 20g
  • SB ケーパービン入りホール 20g
  • 剥き玉ねぎ 1/4ケ
  • スペイン産紫にんにく 1/2片
  • アロ スペイン産 オリーブオイル 45ml
  • 精製塩 10g
  • <仕上げの彩り・ディル>
  • ディル 12g

秋と言えばサーモン
と言うのは天然物の話で、養殖のノルウェー産のサーモンは養殖の技術も確立され、必要な時に必要な量がいつでも供給可能との事。しかも、今話題のアニサキスの心配もなく、天然物に比べてオメガ3脂肪酸をより多く含んでいて、生活習慣病の予防に効果があると言われています。


調理工程

$name

1 今回の使用食材。パプリカはアルミホイルで包んで160℃のオーブンで30分加熱、驚くほど甘みが際立ちます。

otowa-044-02

2 サーモンは2列中骨があります。毛抜き等を使い中骨を抜きます。この際にまっすぐ引き抜くと身割れし易いので片手で表面を押さえ回し抜くイメージで。

otowa-044-03

3 ソースの原材料。みじん切りにし更に潰したにんにく、玉ねぎ、イタパセ、ディル、ケーパーはみじん切り、アンチョビは1/8カット。

otowa-044-04

4 ③に塩少々とオリーブオイル45mlを加えよく混ぜる。アンチョビの塩分があるので塩は控えめに。

otowa-044-05

5 ①のパプリカは温かいうちに外の薄皮をむき1/3にカットし端を折り込んで準備。

otowa-044-06

6 油をひいたフライパンで皮をむき、軽く塩をしたサーモンを皮目から弱火でゆっくり火入れ。はらすは火の入りが異なるので切り分けて。

otowa-044-07

7 お皿の中心よりはやや右手よりに⑥のパプリカを彩りよく並べサーモンの端をのせる。

otowa-044-08

8 サーモンを配置し、④のソースを彩りよくかけ回す。

otowa-044-09

9 最後にフレッシュなディルをひとつまみ添えて完成です。