登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

生ハムと春の野菜達を ゴルゴンゾーラソースで

otowa-004-940-200

生ハムと春の野菜達を ゴルゴンゾーラソースで

温野菜あり、リーフ類あり、そして少しどっしりと生ハムとゴルゴンゾーラチーズで。

人前 0
難易度
合計 20

1皿分

  • *グリーンアスパラ500g 2本
  • *ブロッコリーバラ 1/15ヶ
  • *スナップエンドウ約300g袋 5ヶ
  • *絹さやえんどう約300g袋 6ヶ
  • *ホレカセレクト ベビーリーフミックス100g 12g
  • *ホレカセレクト ルッコラ100g 2g
  • *ホレカセレクト デトロイト100g 2g
  • *Campodulceハモンセラーノスライス500g 1.5枚
  • *ゴルゴンゾーラドルチェ150g 25g
  • *明治フレッシュクリームあじわい32 1000ml 25ml
  • *アロ スペイン産エキストラバージンオイル5L 15ml
  • *マイユ 赤ワインビネガー 500ml 5ml
  • *精製塩1kg 2g
  • *S&B ホワイトペッパーホール袋入100g 2g

◎調理準備

グリーンアスパラは根元1/3はカットし、残りの1/3の皮をむき、ブロッコリーはひと口サイズの株に分け、食感の面白さを出す為に、絹さやとスナップえんどうを同量使用。それぞれに最適な温度でボイルしておきます。
ゴルゴンゾーラソースだけで召し上がっていただけますが、さらに軽やかにする為に、少量のバルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシングを掛けています。


◎バリエーション提案

1.ゴルゴンゾーラチーズを生クリームに代えてヨーグルトでのばすと酸味がアクセントに。
2.野菜のバリエーションは無限大に近くあります。明るい色の根菜類もOK。
3.生ハムに代えて蒸し鶏のほぐし身を使えば、洋風バンバンジーのような感じに。


◎料理のツボ

ゴルゴンゾーラソースの作り方
1.ゴルゴンゾーラドルチェを30g、容器からスプーンですくい取り、塩、こしょう。
2.生クリームを30cc加え、ボウルの中でよく混ぜ、更にEXVオリーブオイルを20ml加えて、更によく混ぜる。
3.バルサミコ酢小さじ1杯(5cc)、EXVオリーブオイル大さじ1杯(15cc)に塩のみひとつまみを加え、盛り付け終了後に盛り付けた野菜の外側に円を描くように掛ける。


生ハムと春の野菜達を ゴルゴンゾーラソースで

otowa04-001-220-150

1 ゴルゴンゾーラチーズに塩こしょうをし、同量の生クリームを和え、オリーブオイルで軽やかに

otowa-04-002-220-150

2 それぞれ時間を変えてボイルした野菜を仕上がり、食感を意識して敷き並べる

otowa-04-003-220-150

3 生ハムは手で縦半分にちぎり、まとめて山にしながら盛り付け、ゴルゴンソースはスプーンで

otowa-04-004-220-150

4 少量のバルサミコ酢とオリーブオイルのドレッシングをかけて完成!

otowa-300-180

11月のフランス視察の直後、栃木県文化功労者表彰。12月には奈良県アンテナショップのレストラン、『CIEL ET SOL(シエル エ ソル)』を港区白金台にオープン。 

音羽 和紀 シェフ

大学卒業後、渡欧。ドイツ、スイス、フランスのホテル、レストランで修行。フランス料理界の重鎮、故アラン・シャペルに日本人として初めて師事。帰国後、 1981年、宇都宮にてレストラン「オーベルジュ」を開店。 フランス料理店のほか、レストラン・バー、デリカショップなどを経営。
そのほか、親と子の料理教室や高校で料理を教えるなど"子供達の食"をテーマにした活動や、地場の産物を使った料理の開発、県の農政委員を務めるなど、地域の食環境のためにも活動。(オフィシャルHPより抜粋)
フランス農事功労賞シュヴァリエ、農林水産省料理マスターズシルバー賞、栃木県文化功労賞他、多数の受賞歴もある日本フランス料理会の重鎮。