登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

音羽シェフオリジナルメニュー

otowa restaurant 音羽シェフがメトロの食材を使ったオリジナルレシピをご紹介します!

フランス料理の業界では知らない人がいない、とまでいわれるオトワレストランの音羽シェフがメトロのためにシェフのレシピに新たなアレンジを加えてオリジナルレシピを提供!メニューのヒントにご活用ください。


otowa_pro_201704

音羽 和紀 シェフ

大学卒業後、渡欧。ドイツ、スイス、フランスのホテル、レストランで修行。フランス料理界の重鎮、故アラン・シャペルに日本人として初めて師事。帰国後、 1981年、宇都宮にてレストラン「オーベルジュ」を開店。 フランス料理店のほか、レストラン・バー、デリカショップなどを経営。
そのほか、親と子の料理教室や高校で料理を教えるなど"子供達の食"をテーマにした活動や、地場の産物を使った料理の開発、県の農政委員を務めるなど、地域の食環境のためにも活動。(オフィシャルHPより抜粋)
フランス農事功労賞シュヴァリエ、農林水産省 料理マスターズ シルバー賞、栃木県文化功労賞他、多数の受賞歴もある日本フランス料理界の重鎮。

otowa-hajime-chef

音羽 元(はじめ) シェフ

1981年、宇都宮生まれ。宇都宮短期大学附属高校調理科卒業。岐阜県「ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール」、赤坂「ビストロ・ボンファム」、栃木県・益子「リスブラン」、宮城県・塩釜「シェヌー」を経て、父・和紀の修業先でもあるフランス・ミオネー「アラン・シャペル」でシャペルの後継者フィリップ・ジュッスに薫陶を受ける。
2007年オトワレストラン開店に際して帰国。現在はオトワレストラン料理長として地域の生産者と連携を深めながら、国内外のゲストを迎えている。



シェフがよく使う調理用語を解説しています!
キーワード・ノート


ジャンル別