鶏のロースト なすのグラタンを添えて

1人前

  • 国産丸どり冷凍 1羽
  • 剥き玉ねぎ 1/3個
  • 茄子 2本
  • めいらくフレッシュ35 75ml
  • METRO400gスイスグリュイエール 20g
  • スペイン産紫にんにく 1片
  • ARO スペイン産 オリーブオイル 20ml
  • 精製塩 20g
  • ギャバン ホワイトペッパーホール 9g
  • 雪印 バター食塩不使用 15g

国産丸どり(冷凍)

便利なので、ついブロイラーなどのパック(袋)を使ってしまいがちですが、やはり鶏はももも胸も味わってこそ、という事で。1羽まるまるの丸どりをそのままローストし、半分ずつ分けての提供スタイルのご提案です。


調理工程

otowa-038-01

1 丸鶏は膝下の部分ははずし、途中でばらけない様にたこ糸をかけ、全体に油を塗る。

otowa-038-02

2 ①をフライパンで中火程度の火力で各面に焼き色がつくよう火入れ。その後オーブンで20分ほど火入れ。
スネ、玉ねぎは油の味付け用と、玉ねぎは火の入り過ぎを防ぐ土台の役目も。

otowa-038-03

3 なすは厚みを揃えて縦4等分にスライスし、サラダ油で両面をソテーする。

otowa-038-04

4 ③のなすは火入れの後、両面に塩こしょうをする。

otowa-038-05

5 生クリームにみじん切りしたにんにくを加え、塩こしょうをして火にかけよく混ぜる。

otowa-038-06

6 耐熱皿になすを敷き重ねていき、⑤の生クリームをひたひたになるようかける。

otowa-038-07

7 ⑥のグラタンにグリュイエールチーズを削りかけ、180℃のオーブンで10分ほど火入れ。

otowa-038-08

8 ②の丸鶏は火の入りを確認し、もも部位を切り離し、身の中心に骨に沿って包丁を入れ、胸部分も切り出す。

otowa-038-09

9 丸鶏を取り出したフライパンに少量の水を加え沸騰させながら、鍋縁などの旨みをこそぎ取り、ソースのベースに。

otowa-038-10

10 ⑨を一旦漉して、別の鍋でバターを加え、必要に応じ塩こしょうで味を整えソースの完成。

otowa-039-11

11 ⑦のグラタンを真ん中から半分取り出し盛付け、さらに⑧の鶏のもも、胸も盛付け。

otowa-039-12

12 最後に⑩のソースを周囲に巡らせて完成です。