蛤と香味野菜のスープ煮

1人前

  • ボイルはまぐり 500g 1袋
  • 人参 S 1/2本
  • セロリ 2L小分け束 1/5束
  • 産直ブラウンマッシュルーム 2個
  • 水 500cc
  • ネスレ日本 ブイヨン キューブ 1個
  • 精製塩 6g
  • ギャバン ホワイトペッパーホール 4g
  • ARO スペイン産 エキストラバージンオリーブオイル 15ml

蛤(はまぐり)

蛤の旬は産卵期の直前で身の大きく太った2~3月。ひな祭りで蛤を食べるのは旬でもあるからです。が、夏も海の家の焼き蛤のイメージもあり、何となく食べたくなる季節。本品は身入りの良い蛤を洗浄後パック詰めしブランチング処理しているので、ふっくらジューシー。活の蛤の代役も充分務まります!


調理工程

otowa-038-01

1 にんじんは皮を剥き、スライスした後、3mm角程度の細い拍子木にカット。

otowa-038-02

2 セロリも茎部分をにんじんと同程度の厚みに刻み、マッシュルームは5mm程度に。
じゃが芋は別に蒸し、皮をむいて崩しておく。

otowa-038-03

3 水500ccにコンソメキューブ1ケを溶かし、沸騰したら、にんじん、セロリ、マッシュルームの順に投入。

otowa-038-04

4 ③がひと煮立ちしたら、蛤を解凍した際に出た煮汁を合わせる。沸騰させないよう弱火。

otowa-038-05

5 弱火のまま解凍した蛤を入れる。煮立たせず、短時間で蛤を『温める』感じで。

otowa-038-06

6 殻が閉じていた貝も開きます。最後に塩こしょうで味を整える。

otowa-038-07

7 器に、じゃが芋、蛤、野菜類を色よく盛付け、中心にセロリの葉を飾り、EXVオリーブオイルをかける。

otowa-038-08

8 火を入れ過ぎないように注意すると、蛤が軟らかくジューシーにお召し上がりいただけます。