トリップのトマト風味

6人前

  • *国産牛ハチノス(小分け)  600g
  • *玉葱M  2ケ
  • *人参M  3本
  • *輸入セロリ  1本
  • *デリフレッシュ ベーコンブロック  120g
  • *アロ ダイストマト  1400g
  • *味の素 G味の素KKコンソメJ  30g
  • *水 100ml
  • *精製塩  6g
  • *ギャバン ホワイトペッパーホール  10g
  • 〈付け合せ〉
  • *じゃが芋L  6ケ
  • *イタリアンパセリ  6g

バリエーション提案

・このままパスタにかけて提供しても良いでしょう。
・ベーコンの代わりにサルシッチャ等のソーセージを使っても。
・長時間煮込む代わりに、圧力鍋を使ってももちろんOK。
・内臓臭を極力取り除きたい方は、何度か茹でこぼしすると良いのですが、美味しさも減るので注意。


調理工程

otowa-028_01

1 ベーコンは1cm角の拍子木、人参は皮をむき1cm厚の輪切り、玉ねぎは半分に割り、1cm巾、セロリの株部分も同様にスライス。

otowa-028_02

2 ハチノスはベーコンよりはほんの少し一回り大きめにすると良いので、1枚を5分割後、1.2cm程度の巾にカット。

otowa-028_03

3 予めカットしておいた野菜とベーコンに、カットトマトとジュースを入れ、火にかける。

otowa-028_04

4 水で溶いたコンソメを加え、その後にハチノスを投入する。

otowa-028_05

5 今回のブーケガルニは、リーキの葉で、セロリの葉、ローリエ、タイムを包み、タコ糸で縛っています。

otowa-028_06

6 ブーケガルニも入れて、鍋が沸騰するまでは強火、煮立てたらアクを取る。

otowa-028_07

7 鍋にアルミホイルで蓋をし、鍋の蓋もして160℃のオーブンで1.5~2時間加熱。

otowa-028_08

8 出来上がりを確認し鍋を取り出し、セロリの葉を刻んだものを加え、軽く混ぜる。そして盛付。

otowa-028_09

9 じゃが芋をスチームし、軽く2,3に割ったものに、イタリアンパセリの荒みじんをかけて付け合せに。

otowa_028_wine

10 この料理と相性の良いワインは、コッピエーレのキアンティです。
イタリアの赤ワインの代表格。輝くようなルビーレッドの色合いに、紫色系の花の香りや、ダークチョコレートやブラックベリーの香りも。