登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

『器の温度』

2017年4月 MetroPlus vol.08より


生ビールを注ぐジョッキを冷やしておくのは、ほぼ90%の飲食店様で実施されていると思いますが、
料理を盛り付けるお皿の温度は気にしていますか?


今回の赤えびのクリームバターソースを常温のお皿に盛りつけて提供したら、
食べている間にソースが固まってしまったり、固まらないまでも著しく温度が下がってしまい、
美味しさが半減
してしまうと思いませんか?

某低価格のうどんチェーンでは、温かいメニューの際には必ず麺と盛り付ける前に
熱湯の中で丼を温め、表面の水分を拭いながら湯切りした麺を盛り付けています。

ちなみに、とあるカジュアルフレンチのお店では、シェフが特にお肉のメインに関しては
熱々のお皿で提供したいとサラマンダーでお皿を温めています。
お皿が熱すぎてホールスタッフが素手で持てないほどで、何人かの新人アルバイトさんは
やけどが原因で辞めていったとか。。

さすがにこれはやり過ぎの感がありますが、こだわる方はそれほどにこだわり、お客様が
お話しに夢中になっていてもある程度の時間、良い状態を保ったまま提供できるのは事実です。

冷たいまま召し上がっていただきたいコールドの前菜やアイスクリームなどのデザートは
器を冷やしておいて盛り付けると、やはりここでも美味しさがアップ!
何よりもアイスクリームの場合だと溶けて崩れ出すのを防いでくれます。

料理に合わせて器を温めたり、冷やしたり、そのひと手間をかけるだけで、
原価があがらずにお料理のグレードが1ランクアップさせることも時には可能です。

コロンブスの卵のような話で申し訳ありませんが、頭の片隅にでも入れていただけると幸いです。

生ビールを注ぐジョッキを冷やしておくのは、ほぼ90%の飲食店様で実施されていると思いますが、
料理を盛り付けるお皿の温度は気にしていますか?


今回の赤えびのクリームバターソースを常温のお皿に盛りつけて提供したら、
食べている間にソースが固まってしまったり、固まらないまでも著しく温度が下がってしまい、
美味しさが半減
してしまうと思いませんか?

某低価格のうどんチェーンでは、温かいメニューの際には必ず麺と盛り付ける前に
熱湯の中で丼を温め、表面の水分を拭いながら湯切りした麺を盛り付けています。

ちなみに、とあるカジュアルフレンチのお店では、シェフが特にお肉のメインに関しては
熱々のお皿で提供したいとサラマンダーでお皿を温めています。
お皿が熱すぎてホールスタッフが素手で持てないほどで、何人かの新人アルバイトさんは
やけどが原因で辞めていったとか。。

さすがにこれはやり過ぎの感がありますが、こだわる方はそれほどにこだわり、お客様が
お話しに夢中になっていてもある程度の時間、良い状態を保ったまま提供できるのは事実です。

冷たいまま召し上がっていただきたいコールドの前菜やアイスクリームなどのデザートは
器を冷やしておいて盛り付けると、やはりここでも美味しさがアップ!
何よりもアイスクリームの場合だと溶けて崩れ出すのを防いでくれます。

料理に合わせて器を温めたり、冷やしたり、そのひと手間をかけるだけで、
原価があがらずにお料理のグレードが1ランクアップさせることも時には可能です。

コロンブスの卵のような話で申し訳ありませんが、頭の片隅にでも入れていただけると幸いです。

生ビールを注ぐジョッキを冷やしておくのは、ほぼ90%の飲食店様で実施されていると思いますが、
料理を盛り付けるお皿の温度は気にしていますか?


今回の赤えびのクリームバターソースを常温のお皿に盛りつけて提供したら、
食べている間にソースが固まってしまったり、固まらないまでも著しく温度が下がってしまい、
美味しさが半減
してしまうと思いませんか?

某低価格のうどんチェーンでは、温かいメニューの際には必ず麺と盛り付ける前に
熱湯の中で丼を温め、表面の水分を拭いながら湯切りした麺を盛り付けています。

ちなみに、とあるカジュアルフレンチのお店では、シェフが特にお肉のメインに関しては
熱々のお皿で提供したいとサラマンダーでお皿を温めています。
お皿が熱すぎてホールスタッフが素手で持てないほどで、何人かの新人アルバイトさんは
やけどが原因で辞めていったとか。。

さすがにこれはやり過ぎの感がありますが、こだわる方はそれほどにこだわり、お客様が
お話しに夢中になっていてもある程度の時間、良い状態を保ったまま提供できるのは事実です。

冷たいまま召し上がっていただきたいコールドの前菜やアイスクリームなどのデザートは
器を冷やしておいて盛り付けると、やはりここでも美味しさがアップ!
何よりもアイスクリームの場合だと溶けて崩れ出すのを防いでくれます。

料理に合わせて器を温めたり、冷やしたり、そのひと手間をかけるだけで、
原価があがらずにお料理のグレードが1ランクアップさせることも時には可能です。

コロンブスの卵のような話で申し訳ありませんが、頭の片隅にでも入れていただけると幸いです。