登録料、年会費一切無料!

カスタマー登録はこちらから!

カフェやレストランなど小さい飲食店を開業する場合の仕入先について

8724-00002-main_900x200
飲食店を開業する際、食材を安定して仕入れられるルートを確保する必要があります。小さいカフェやレストランなどの飲食店は小ロットの仕入れになることが多く、専門の仕入業者では対応が難しい場合があるため、仕入先の選定でお困りの方がいらっしゃるかもしれません。
食材の質やコストに直結することから、仕入先はよく考えて選びたいものです。

メトロでは、これから飲食店を開業する方に役立つ情報をお届けしています。
今回は、小さい飲食店を開業する場合の仕入先選びについて、ご説明します。

小さい飲食店開業における仕入先選びのポイント

8724-00002-01
食材の仕入れでは、食材の質や価格も大切ですが、それと同時に購入量、いわゆる販売ロットも考慮する必要があります。

また、他店と差別化するために、お店のコンセプトにあった仕入先を選ぶことも大切です。

なるべく食品ロスを出さない


飲食店を開業する場合、専門の卸売業者を通して仕入れることが一般的です。新規でカフェやレストランを開く経営者にとって、仕入先選定は初めての経験になるため、仕入れ専門業者から仕入れる方が安心だと感じるかもしれません。しかし、専門業者の場合、小ロットでの取引に応じてもらえないケースもあります。価格が安く、質が良くとも、消費期限内に使い切れない量を仕入れてしまうと、食品ロスにつながる可能性があります。小さな飲食店を経営する場合、過不足無く食材を確保できることが望ましいため、専門業者から仕入れる場合、小ロットに対応してくれるところを選ぶとよいでしょう。

お店のコンセプトを明確にする

まずは開業するお店のコンセプトを明確にしましょう。
「オーガニック食材をウリにしたカフェメニューを展開したい」「コーヒー豆にこだわりがある人に来店してほしい」などの明確なコンセプトがあれば、提供するメニューを考えやすくなります。それによって必要な食材、各食材の産地や銘柄などが絞られるでしょう。

必要な食材を絞り込み、その食材に強い仕入先をピックアップして比較することで、仕入先の選定ポイントが見えてくるかもしれません。

 

小さなカフェやレストランに多い仕入れ方法

1)専門業者から仕入れる

既にご紹介しましたが、専門業者から仕入れる方法は一般的といえます。食材を大量に仕入れる場合は小売店より安価で済む場合が多く、業務用食材も手に入ります。また、店舗までの配送や掛売りなどの対応も可能な場合が多いでしょう。
デメリットとしては、小ロットでの取引は対応不可の場合がある、営業を通す必要があるため発注から入荷までのタイムロスがある、などが挙げられます。

2)スーパーや近くの八百屋・肉屋などから仕入れる

商品を直接手にとって確認できるというメリットがあります。しかし、飲食店向けの仕入れ価格ではないため、割高、掛け払い不可、品揃えが安定しない、などがデメリットといえるでしょう。

3)ネット通販で仕入れる

ネット通販で仕入れる場合、ホームページを見てすぐに発注できる、小売に比べると割安感がある、月末締めの翌月払いなどの対応も可能、などのメリットがあります。
デメリットは商品が届くまで実物の確認ができない、担当営業がいないため融通がききづらい、などが挙げられます。

4)その他

食材の鮮度や質にこだわりたい場合、市場へ出向く、農家と直接交渉するなどの方法もあります。しかし、どちらも小ロットの仕入れでは対応が難しい場合があるでしょう。


飲食店事業者向け卸売について

8724-00002-02
ご紹介した仕入先のほかに、飲食店事業者向けの卸売があります。自分で直接食材を手にとって選ぶことができるだけでなく、ノンフードも全て調達できるなど、カフェやレストランなど小さい飲食店にとって、飲食店事業者向け卸売にはさまざまなメリットがあります。

業務用の食材が豊富


飲食店事業者向け専門のため、業務用食材の種類が豊富です。肉や魚の冷凍食品は小売店では手に入らない種類が多いでしょう。スパイスやハーブ類もプロ用ならではの品揃えの中から選ぶことができます。

必要な量に応じて仕入れられる


少量しか使わない食材は単品で購入、大量に使う食材は箱で購入など、柔軟な仕入れができる点も大きなメリットです。

便利な加工品の品揃えが豊富


下処理されている加工品の種類も多いこともメリットのひとつです。調理スタッフの人数が少ない場合、すぐに利用できる加工品は非常に役立つでしょう。
さらに、同じ食材でもカット方法やメニューに合わせた処理がされているものもあり、調理の手間を大幅に軽減してくれます。

ワンストップで仕入れが可能


食材のほかにノンフード類も豊富に揃っています。業務用の洗剤や紙ナプキンなどの消耗品、和食器・洋食器・業務用コップなどの食器類、鍋や調理用品など、飲食店で必要な道具も一通り揃っていますので、ワンストップで仕入れることが可能です。

ただし、飲食店事業者向けの卸売(スーパー)のある場所は限られているため、自分のお店から遠い場合、わざわざ買い出しに出向く必要があります。

まとめ


仕入先の選定は、提供するメニューの質や原価率に大きく影響します。ご紹介したように、仕入先の形態にはそれぞれメリットデメリットがあるため、何かあったときのために、サブの仕入先をいくつか確保しておくことをおすすめします。定期的に仕入を見直すことも考慮に入れながら、ご自分のお店に最適な仕入先を選びましょう。

メトロでは飲食店をこれから開業する方に向けて、食材からノンフードまで幅広い商材をご提供しております。ご興味のある方はぜひ一度ご検討ください。